ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    金沢区庁舎が建て替えられてプロジェクションマッピングをやるらしいので、ぜひ取材してください‼︎

    オデッセイさん

    現在の久良岐公園にあったとされる「ランプ村」は子供の頃、両親曰く「空襲で野毛や関内あたりから焼け出された人が移り住んだ」と言っておりましたが本当なのでしょうか。本牧エリア・寿町地区とともに3大アンタッ...

    みなと広告さん

    例の蒔田出身の上村くんを殺害して遺棄した犯人ですが、9年~13年で出てくるそうです。少年法だと殺人犯も、この程度の量刑なのでしょうか、それとも特例なのでしょうか?横浜市の法律は、こんなにも甘いのでしょ...

    takechanさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

はまれぽメルマガhtml版、どう思う?

読みやすいし面白い
面白いが読みづらい
読みづらいし面白くない
購読していない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
ドラマ「あぶない刑事」の面影が残るロケ地は横浜にまだある?
2位
横浜市内を縦横無尽に走る路線バスに1日乗り続けるとどうなるか? 
3位
日の出町ストリップ「浜劇」、常連客の連帯感が凄いのはなぜ?
4位
2015年末に幕を下ろした「ザ・ダイヤモンド」の歴史とは!?
5位
かつて山下町のシンボルだった、昭和の香りがする「シルクセンター」の謎の構造とは?
6位
『釣りバカ日誌』や『相棒』! 秋冬ドラマの横浜ロケ地巡り!
7位
倉庫の中で撃ちまくれ! 西横浜の自動車修理工場わきにある「シューティングレンジ」に突撃!
8位
伊勢佐木町~本牧へ! 『あぶない刑事』に登場した横浜市内のロケ地はどこにあるのか?
9位
ラブホテル評論家が厳選! 横浜でおすすめのファッションホテルはここだ!
10位
鉄道発祥の地、横浜の京急・JRの駅ホームにある古レールを徹底調査!
11位
ネタバレ注意! 生「タカ&ユージ」が登場する『さらば あぶない刑事』の舞台挨拶の様子と本作登場のロケ地を早速レポート!
12位
【編集部厳選】住んでいるのに意外と知らない? 駅名にまつわるエトセトラ!
13位
横浜DeNAベイスターズ、2016年・新人合同自主トレ初日の様子をレポート!
14位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
15位
お茶づけで有名な永谷園にも入っている? 横浜の「美濃屋あられ製造本舗」のつくるあられの味は?
16位
はまれぽ三面記事vol.19 『そそり立つ、黒いアイツ』
17位
【編集部厳選】お財布にやさしい! 横浜の「無料」スポット!
18位
【編集部厳選】知ってて当然? にじみ出る「横浜愛」特集!
19位
中華街の手相占いは、どこの店も同じ結果が出るって本当?
20位
【1000ぶら番外編】銭湯に入浴して1000円を使い切れ!ライター松宮が南区の銭湯に突撃!
21位
神社なのに100年以上前からある立派な釣鐘? 都筑区南山田にある「山田神社」とは?
22位
石原軍団ら豪華有名人が豆まき! 2016年2月3日總持寺で行われた節分イベントの様子をレポート!
23位
はまれぽ三面記事vol.20 『開き直り』
24位
横浜市民が東京にあこがれない理由は?
25位
超巨大な大仏が霊園内に? 横須賀市にある謎の石像だらけの久里浜霊園とは?
26位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
27位
駅そば屋なのにフレッシュな青汁が人気!? 再開発を経てなお桜木町駅に110年以上存在し続ける川村屋の青汁の存在意義とは?
28位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
29位
横浜のシンボル「横浜三塔」、普段は入れない屋上からの景色を特別レポート!
30位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?

横浜のココがキニナル!

いっっっっっちばん新鮮な崎陽軒のシウマイを手に入れるには、どこに行ったらいいんでしょうか!!?(がこさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

蒸したての鮮度なら、工場見学後の試食、直営レストランでの注文、
そして実は、自宅でも新鮮なシウマイが味わえます!

ライター:吉田 けんたろう (2011/08/02)

崎陽軒に直撃!

「あなたのソウルフードはなんですか?」

こうハマっ子に尋ねたら一番に挙がるのが「崎陽軒のシウマイ」だろう。
横浜で生まれ育った記者であれば、ここに“どや顔”がプラスされる確信がある。昔から変わらないあの味わい。個人的には、ある意味おふくろの味を凌駕するといっても過言ではない!

とにかく、それほど崎陽軒のシウマイは市民に愛され、生活に馴染んでいるのだ。キニナル投稿者である「がこさん」も、きっとシウマイを愛する一人。
新鮮なシウマイ、確かにキニナル甘美な響きである。
 


昭和3年から変わらない味。昔ながらのシウマイ


そんなわけで、まずは崎陽軒に問い合わせてみた。

新鮮なシウマイはどこで手に入りますか?
新鮮、ですか(笑)
そうですね、売店で販売しているものは基本的にどれも同じ品質です。

工場見学に行った人は最後に試食がありますよね?
工場でシウマイが出来上がってから、口に入るまでの時間が短いという意味ならそうですね。
確かに、工場では見学後に蒸したてを食べられます。

蒸したてでも新鮮ではないと?
いや、新鮮は新鮮なのですが、工場見学後のシウマイが一番新鮮かと言われると、弊社としては違和感があるんです。
もしよかったら、ぜひ一度工場見学にいらしてください。

このように、電話ではなんとも腑に落ちない回答をもらった。
そこで正式に取材を申し込み、“違和感”の正体を探りに工場見学へ出掛けることに。



横浜ソウルフードの核心に迫る!

崎陽軒の工場見学は、3ヶ月待ちが当たり前というプレミア社会科見学。今回は取材ということで特別に許可してもらった。
 


第三京浜港北ICからすぐの崎陽軒横浜工場


見学者はまず、モニターがある大部屋で15分ほどのVTRを観賞。崎陽軒の歴史や見学では見ることが出来ない製造工程などの映像が流れる。観賞後はしょう油入れに使われるひょうちゃんの歴代シリーズや駅弁の掛け紙などの展示品を見て周る。
 


VTRを観賞する大部屋。シウマイの試食もここで
 

初代ひょうちゃん柄の48体が描かれた大壷
 

横浜みなと祭や開港祭などシウマイ弁当記念掛け紙
 

鯛めしやサンドイッチなどシウマイ弁当以外の掛け紙
 

ひょうちゃんグッズいろいろ
ひょうちゃん楽チン蒸し器は工場横にある港北インター店で限定販売
 

シウマイ娘の女性用と子供用衣装を借りて記念撮影が可能


ひと通り説明を受けたら、実際に製造している現場の見学へ。

シウマイの原料は豚肉、玉ネギ、グリーンピース、そして冷めてもおいしい味の秘訣、干帆立貝柱のみ。味は塩、コショウ、砂糖で整え、でんぷんでおいしさを閉じ込める。ここではシウマイの肉の成形から箱詰めするまでを見学可能だ。
 


原材料をサンプルで展示紹介
 

ふんわりとしたシウマイの形をつくる成形機
 

通路には崎陽軒の歴史をパネル展示
 

シウマイの容器を作る製函機
手前のカゴにはひょうちゃんが!


崎陽軒のシウマイはすべてこの横浜工場で製造している。そしてシウマイのみのパッケージ商品はここから各販売店舗へ配送。弁当用のシウマイは横浜駅近くの本社工場と東京工場へ出荷し、そこで弁当の中に入れられる。

ちなみに、シウマイは1分間で約3,360粒、1日に約80万粒がここで生み出されている。
そのうちの数粒が今日も我々の胃を充たしているのだ。


新鮮なシウマイの謎が明らかに! 次のページ≫

おいしさの秘密は製造工程にあり!?

さて、見学終了後はお待ちかねの試食である。
席について少し待つと、ついに新鮮なシウマイがお目見え!
 


半分にカットした月餅が試食できることも!


蒸したてのシウマイ3粒はキュートなひょうちゃん皿で提供。お好みで醤油とカラシをつけて口に運ぶと、ジューシーな肉汁が舌の上で弾け、すぐにホタテのうま味が生きた崎陽軒シウマイ独特の風味が押し寄せる。3粒をあっという間に完食してしまった…。みなさんにはしっかり味わいつつ食べてもらいたい。

そして本題。この日、工場内を案内してくれた広報の方に詳しい話を聞いた。
 


広報部の柴田さん(左)と西村さん(右)


―蒸したてを食べられるのは見学後の試食だけですか?
工場見学の試食のほかに、横浜駅のポルタにある「崎陽軒中華食堂」や横浜駅東口の崎陽軒本店「アリババ」でも蒸したてのシウマイメニューがあります。
こちらも先ほど食べたシウマイと同じ味ですよ。
 


崎陽軒本店の地下入口のすぐ横にある
 

蒸籠で蒸したシウマイは5個350円(中華食堂)


―新鮮というフレーズに違和感があったのはなぜですか?
製造の段階で、成形されたシウマイは鮮度を保つため直ちに急速冷凍しています。すべてのシウマイが冷凍されるので、蒸し上げるまでの鮮度はどれも同じなんですね。この工場から店舗へ出荷する分は一度蒸して、冷ましてから箱詰め。お弁当の分は各工場で蒸してから商品になります。

というわけで、蒸してから店舗に並ぶ時間が短いのは工場の脇にある港北インター店ですが、基本的にはどの店舗の商品でも味は変わりません。
 


見学後のお土産購入者も多い港北インター店

 

試食時のひょうちゃんしょう油入れはお土産にもらえる




まとめ

崎陽軒のシウマイは成形してすぐ、一番鮮度の良い状態で急速冷凍される。つまり、蒸すまでは新鮮な状態が保たれるのだ

常温で新鮮なものが食べたいのであれば、工場に併設する港北インター店がより蒸してからの時間が短いものが手に入る。ちなみにこの店舗の開店時間は7:00~だが、横浜駅の中央店や京浜東北・根岸線ホーム店の開店は6:00~。その日ファーストロットシウマイを味わいたいなら、開店時間が早い店舗での購入がおすすめだ。

横浜の食文化の象徴である崎陽軒のシウマイ。はまれぽでは今後もさらに掘り下げていく予定だ。


崎陽軒
http://www.kiyoken.com/

崎陽軒 通信販売
http://shopping.kiyoken.com/

崎陽軒 工場見学
希望日の3ヶ月前の1日から、1週間前まで受付可能
予約電話045-472-5890(予約状況はウェブサイトで確認)
http://www.kiyoken.com/factory/index.html

崎陽軒中華食堂
横浜市西区高島2-16-B1 横浜駅東口地下街ポルタ
045-453-1351
11:00~23:00

崎陽軒港北インター店
横浜市都筑区川向町675-1
045-476-5124
7:00~19:00


― 終わり ―
 

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ

この記事どうだった?

面白かった 563 面白くなかった 9


【関連記事】

オススメの横浜土産は?

中華街で一番美味しい肉まんのお店はどこ?


もちはださん2011年08月03日 23時39分
今からシウマイ食べたくなりました!「新鮮」のひみつを調べてくれてありがとうございました!
そう思う 99 そう思わなかった 3