ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市の人口は370万人。その中には、生粋のハマっコもいれば、全国から転勤などで引っ越して来た人も沢山います。全国様様なところから来た人達が、故郷の味が恋しくなった時に行けるような店がどれくらいあるの...

    たかし君さん

    鶴見区矢向の国道1号線沿い、新鶴見橋の東京側にある東洋製罐の横浜工場が解体中です。かなり広い敷地なのですが、跡地が何になるか気になります!調査して下さい!

    くぼたぬさん

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
JR関内駅前のセルテに「関内ラーメン横丁」がオープン! 老舗から新進気鋭まで4店舗が入店!
3位
本当は教えたくない! 地元の人々に愛される横浜中華街の路地裏グルメをご紹介!
4位
火力発電所内でイチゴ狩り!? 鶴見区大黒の「東京ストロベリーパーク」ってなに?
5位
横浜マリンタワー「最後の10年」になる? 新たな運営者の募集と改修とは
6位
旭区の三叉路のド真ん中にある邪魔な像の正体は?
7位
「ジョイナステラス二俣川」がオープン! 全国初出店のショップが登場、その狙いは?
8位
平日の昼間から飲みたい! 桜木町「ぴおシティ」で安くて美味しいお店を調査
9位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
10位
三渓園近くの「八王子道路」は、どうして「八王子」なの?
11位
戦時中、鎌倉市にあった極秘施設「大船収容所」ってどんなところ?
12位
京急黄金町~日ノ出町の高架下に「タイヤ付きホテル」が出現! 「タイニーズ」の狙いとは?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
中区伊勢佐木町の映画館「横浜ニューテアトル」が閉館することに! その理由とは?
15位
【編集部厳選】お寿司に海鮮、横浜で海の幸を堪能! 
16位
みなとみらいの海に謎の「粉」? その正体とは?
17位
移転再開した県立川崎図書館の蔵書があまりにマニアック! その理由とは?
18位
藤沢市新林公園内にある進入禁止の柵の先には何がある?
19位
アートスペース「BankART Studio NYK」の閉館理由と建物の今後は?
20位
『ヨコハマメリー』が再び伊勢佐木町に。横浜ニューテアトル、最後のイベントが決定
21位
年に一度の京急のお祭り! 「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」開催!
22位
地球外から来た模型店!? 鴨居の地で40年、地元密着「アンドロメダ屋模型店」に突撃!
23位
草木に覆われる瀬谷区・旭区の「上瀬谷通信施設」跡地の現在。どのような施設だった?
24位
【編集部厳選】地下にひそむ謎、横浜市営地下鉄のキニナル!
25位
みなとみらいの駐車場2018! 新たな駐車場や使えなくなった駐車場は?
26位
まだGWは終わらない! GW後半にむけてみなとみらい周辺のイベントを紹介!
27位
小田急線百合ヶ丘駅近くの360度道路に囲まれた飲食店「みねや」ってどんなとこ?
28位
横浜中華街に健全な「エロガッパ」!? 全然エロくない穴場カフェを突撃!
29位
2022年度より復活か!? 本牧市民プール再整備の進捗状況を調査
30位
【編集部厳選】音楽にダンス! ハマのナイトスポットを紹介
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

2016/06/01

今だけしか味わえないホテルニューグランドの「クラシック」メニュー


後ほど紹介します




守り、いまなお受け継がれていく伝統

多くの映画作品や小説の舞台ともなっているホテルニューグランドが1927(昭和2)年の開業以来、もっとも大きな改修工事「耐震改修工事」に入るという情報が編集部に入った。どう変わるのか、ホテルニューグランド広報室の和田聖心(わだ・せいこ)さんに詳細を伺った。


誰もが知るこの姿、いつ見ても美しい


開業当時のホテルニューグランド。横浜市認定の歴史的建造物となっている


今回は耐震改修工事、ということで外観はほとんど変わらないそう。工事期間は2016(平成28)年6月1日~9月30日まで。

その間、本館1階の「コーヒハウス ザ・カフェ」「イタリアンレストラン イル・ジャルディーノ」「バー シーガーディアンⅡ(ツー)」「ロビー ラウンジ テラス」は営業を休止。

本館5階の京料理店「熊魚菴 たん熊北店」は通常営業するが、歴史あるお店に通っていたファンにとってはちょっと残念なお知らせかもしれない。


本館2階フェニックスルームも内装は変えず



池波正太郎も愛したアイスティーがいただける「コーヒハウス ザ・カフェ」



大佛次郎も愛した「シーガーディアンⅡ(ツー)」


しかし、そこは、さすがのホテルニューグランド。耐震改修工事期間中は「コーヒハウス ザ・カフェ」のメニューから、同ホテル発祥料理や名物料理を新館5階の「パノラミックレストラン ル・ノルマンディ」で提供。それだけではなく、かつて本館5階にあった大人気レストラン「スターライトグリル」の伝統のメニューを限定で味わえるそうだ。

では一体どんなメニューなのか。「パノラミックレストラン ル・ノルマンディ」にて提供していただいた。


横浜家具とコーポレートカラーのロイヤルブルーが美しいフロア


スターライトグリルは1989(平成元)年まで本館5階にあり、かつて人気を博したレストラン。開業当時からのクラシックメニューを提供しており、同ホテルの初代総料理長、サリー・ワイル直伝のレシピが脈々と受け継がれてきたレストランだ。現在でもそのレシピはスタッフ一人ひとりに受け継がれ、現在に至る。


スターライトグリルで料理をした経験をお持ちの井上さん


今回は1500以上ある直伝レシピのなかから、6月1日から9月30日までアラカルトで30品ほど提供。ランチ(6000円/税別)・ディナー(1万1000円/税別~)のフルコースもある。スタッフ全員で「普段できないことを実現しよう」と企画・メニュー選定をしたそうだ。


スタッフの安達さんが銀のトレーで運んでくれたのは・・・


アラカルトとコースメニューの一例。ではさっそく紹介しよう。


オードブルフランセ(3500円/税別)


皿の上の美しい品々たちは写真上部から時計回りに「スモークサーモン」「パテ・ド・カンパーニュ(田舎風パテ)」「プレスコップ(魚介と野菜のゼリー寄せ)」「フォアグラのコンフィ」「スタックセロリ」「エスカベッシュポワソン(魚のマリネ)」「天使のエビのボイル/カクテルソースのせ」。ぜひともワインと合わせてゆっくりいただきたい。

オードブルフランセは同ホテル開業当時から提供されており、そのころまだ多くの人は「オードブル」という言葉になじみがなかったという。かつてはワゴンにずらりと並んだ品々を選ぶスタイルだったそう。その光景を想像するだけでもうっとりする。

続いてはポテトサラダ(1200円)。え、ポテトサラダ? そう思う方も多いかと思うが、今、実は世間はポテトサラダがブーム。そして同ホテルのものは「普通と違う」らしい。何が違うのか。


それは


「自家製マヨネーズ」。素材を生かし、イチから手間ひまかけた一品。ううーん。これは一度味わったほうがいいかもしれない。


続いて、ビーフストロガノフ(4200円/税別)


ソースの色が、少し赤味がかかっているような気がします、と井上さんに伺うと「ホテルニューグランド特製のナポリタンソースとデミグラスソースが饗宴したともいえる、絶妙な美味ソースを使っているからでしょう」とのお答え。なるほど・・・! トマトの酸味とコクを感じたのはそういうことだったんだ。

感動して舌鼓を打ち続け、つぎにいただいたのは・・・


「舌平目のグラタン」


Vin blanc sauce(ヴァン・ブラン ソース)という白ワインのクリームソースが特徴。まず舌平目を白ワインで蒸してから、エシャロットとマッシュルームを加えまた蒸すという。とにかく、細やかな工夫と手間がかけられている逸品。

魚にふわっとしたワインの香りがあり、とても美味しい。サヴァイヨンソースというしっかり煮詰められたクリームソースはまるでチーズのようなコクがあるが、チーズは使用していないのだそう。



そしてデザートも。つやつやの「ピーチメルバ(1200円/税別)」と


ピーチメルバは19世紀フランスで誕生したお菓子で、目にも鮮やか。オーギュスト・エスコフィエという有名なシェフが、ネリー・メルバという歌手の歌声に感動し、捧げたことで誕生したという。

フランボワーズとストロベリーのソースがかかったシロップ漬けのモモと、手作りの濃厚なアイスクリーム。これを一緒にいただくと、口の中でふわっと香り、とても上品な味だった。


ソースもクリームもたっぷり



もう一品。ホテルニューグランド発祥、クープニューグランド(1200円/税別)


こちらも手作りのアイスクリームと、フルーツは洋ナシを使用し、濃厚なチョコレートクリームをかけたお菓子。ホテルニューグランド発祥のメニューだ。

どちらにしようか、迷うこと必至なので、2人以上で行ってシェアするのもいいかもしれない。

今しか味わえない伝統ある横浜の味、ぜひ一度体験してみてはいかがだろうか。

本館耐震改修工事が終了したあと、「コーヒハウス ザ・カフェ」と「イタリアンレストランイル・ジャルディーノ」はメニューも含めてリニューアルするそう。これは10月4日の再オープンが楽しみだ。

―終わり―

ホテルニューグランド
http://www.hotel-newgrand.co.jp/menu/star-light-grill-classic-menu/
電話/045-681-1841

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ