ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    11月24日に相鉄線の天王町〜星川区間が上下線とも立体化が完了するみたいです。立体化により、どれだけ渋滞が解消されるのかなど立体化の効果はどれくらい?また立体化初日の様子も含めリポートお願いします。

    ねこみくさん

    横浜駅を見下ろす高台、その名の通り「高島台」東海道五拾三次の神奈川宿があったとされる台町の更に高台、地名の由来は?ここにもう50年近く建っている「私学会館」敷地内には、とても大きな銅像!この人は誰なの...

    Ben 2さん

    昨日(2018/11/13)14時ころから数時間、磯子区から聞いたところでは鎌倉まで気絶しそうな位のすざまじい硫黄臭が続きました。どこかの大事故で、全国レベルのニュースになるのでは?と思っていたのです...

    まさきち557さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

今年のイルミネーションはどこで見る?

横浜駅周辺
みなとみらい
横浜駅やみなとみらい以外の横浜市内
川崎
湘南
横須賀・三浦
相模原
その他
自作イルミネーションを自宅で見る
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
巷で話題の「夜勤の恋人」って何? 病院の売店でしか買えないってホント?
2位
横浜ジョイナス地下1階の「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA」が人に教えたくないほど穴場だった
3位
関内ラーメン横丁全店制覇! 4店舗の魅力を余すことなくご紹介!
4位
JR関内駅前のセルテに「関内ラーメン横丁」がオープン! 老舗から新進気鋭まで4店舗が入店!
5位
本当は教えたくない! 地元の人々に愛される横浜中華街の路地裏グルメをご紹介!
6位
京急と崎陽軒がコラボ! 「けいきゅん・ひょうちゃん弁当」が6月1日から限定発売!
7位
辛いもの好き集合! 中区長者町「華隆餐館」で口が火事になる刀削麺に挑戦
8位
襲い来る「限定ビールの罠」! 山下公園で開催中の「ベルギービールウィークエンド2018」をレポート
9位
創業95年「尾島商店」が野毛にカフェをオープン! 老舗精肉店が作る肉料理のお味は?
10位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
11位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
12位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
13位
【編集部厳選】お寿司に海鮮、横浜で海の幸を堪能! 
14位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
15位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
激レア! W杯対戦国・コロンビア料理が食べられる店が横浜にあった!
18位
平日の昼間から飲みたい! 桜木町「ぴおシティ」で安くて美味しいお店を調査
19位
編集長の名にかけて? 生麦で「5人前デカ盛り土鍋ラーメン」にチャレンジ!
20位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
21位
横浜が誇る歴史と伝統あるバー「シーガーディアン」の今と昔を徹底レポート!
22位
昭和の風情を残した飲み屋街、横浜駅西口「狸小路」に突撃!
23位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
24位
横浜中華街に「おひとりさま」で楽しめる食べ放題の店はある?
25位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
26位
毎日行列! みなとみらい「タカナシミルクレストラン」に潜入!
27位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
28位
知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?
29位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
30位
中華街で食べられるのは1店舗だけ!? ビャンビャン麺ってなに?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!

2016/03/10

【先行公開】伝統のホテルニューグランド、高級「クレープシュゼット」が味わえるマナー教室

冬はスイーツ商品が多く出回る季節。クリスマス・バレンタインに続き、いまはイチゴスイーツ商戦のまっただなか。筆者は勝手に「冬=寒さで脳が鬱っぽくなるから糖分を入れてハッピーになりたい季節」だと思っている。

さて、そんななか、ホテルニューグランドでオリジナルの期間限定スイーツが味わえるという情報が編集部に入った。その名も「クレープシュゼット」。
 


風格あるホテルニューグランド、開業1927(昭和2)年
 

・・・「クレープシュゼット」?

読者のみなさんはご存じだろうか・・・。

「クレープなら知ってる・・・」という方は多いと思うが「クレープシュゼット」が何なのかを知り、さらには味わったことがある方はさほど多くないのではないかと思う。かくいう筆者も「素材が高級なクレープかな。“生クリームが極上”とか・・・」なんて思っていた。
 


クレープって普通こうだよね
 

「クレープシュゼット」を味わえるのは、期間限定で開催されるイベントにて。イベントでは講師も務めるホテルのサービススタッフが正式なテーブルマナーを教えてくれるのだそう。ど、どんなイベントなんだろう。

みなとみらい線「元町・中華街駅」1番出口より徒歩1分ホテルニューグランドのパノラミックレストランレストラン「ル・ノルマンディ」へ。
 


1991(平成3)年7月にオープン。豪華客船の名を冠している
 

ロイヤルブルーで統一された店内が美しい。

今回案内してくれるのはル・ノルマンディ課主任・櫻田純(さくらだ・じゅん)さん。
 


25年以上レストランサービスを続ける櫻田さんはマナー講師の資格をお持ちだ
 

3月29日、30日の2日間限定で開催される「家族で楽しめるランチdeテーブルマナー講座」では櫻田さんがフォーク・ナイフの使い方などマナーの基礎からレストランで数多く食事をしてきた大人でも「意外と知らなかった」というきめ細かな作法まで教えてくれる。
 


昨年開催された教室の様子。今年で4回目となる
 

「子どものころから美味しい料理をきちんとした作法で知っておくことが人生を豊かにする」というコンセプトでイベントがスタート。

「なぜテーブルマナーが必要なのか」と大人でもハッとすることも受講内容に含まれており、実際に開催してみると、同伴している両親が「えっ、そうだったんだ」とあらためて正式なマナーを知るというケースも多々あるという。うーん、その感じ、想像つきます。筆者も自信ありません・・・(そして“今さら人には聞けない”状態に)。
  


「乾杯ではグラスを鳴らしてはいけない」って知ってました?
 

「親子で春休みに思い出を作れるのでは」と、イベント期間を設定。確かに家族で同じことを学ぶという体験はなかなかない。「まさに親子だけではなく、祖父母、両親、子どもの家族3代で参加してほしいイベントです」と櫻田さん。当日は店内が広いので、プロジェクターを使った丁寧な進行を心がけているそう。
 


船のデッキをイメージしたフロア。明るい春の日差しの中ランチをいただきたい
 

テーブルマナーを学ぶだけなら、料理なしでもできる。でもホテルニューグランドでは「楽しく笑顔でマナーを学んでほしい」ということでル・ノルマンディのシェフたちがイベントのために考えたオリジナルランチコースを味わいながらの教室となっている。メニューを見せていただいた。
 


オードブル・スープ・メイン・パン・デザート・ドリンクが勢ぞろい
 

子ども用の乾杯ドリンクはフランス産のリンゴのスパークリングジュースシードル。上品な味わい・・・
 

参加料金は大人6534円、小中学生4158円(ドリンク以外メニュー・量は同じ)で、先着80名まで。乾杯以外のアルコールメニューは別途料金を支払えばオーダーできる。
 


当日の記念写真入りの修了証書ももらえる。家族全員の記念写真も撮影できるとのこと
 

ここで、先ほどメニューを見せていただいたときから目が釘付けだった、今回のイベントの「家族で楽しめる料理」の目玉である「クレープシュゼット」を見せていただくことに。
 


櫻田さん、よろしくお願いします
 

・・・ん? なんだかものものしいセッティングが・・・。

「クレープシュゼットとは “アンリシャルパンティエ”というフランスの料理人がイギリス国王エドワード7世のために作ったデザートです。偶然リキュールがかかってしまって火がついてしまったため生まれた、と言われています」と櫻田さん。

クレープ生地のうえにオレンジジュースやオレンジの皮を入れた熱いカラメルソースやフランべしたリキュールをかけた伝統的なお菓子。ホテルニューグランドに来たら必ず感じる「伝統」の食文化をこのイベントでも体験できるというわけだ。

マナー教室ではこの「クレープシュゼット」を客席の前で調理してくれ、人数限定で作り立てのものを提供してくれるのだそう。ゴクリ。

というわけで実際に「クレープシュゼット」を作る様子を見せていただいた!
 


まず、100グラムの砂糖をザラメにしていく
 

その間にオレンジの皮を・・・
 

神業的な手さばきで剥く!
 

グラン・マニエ(オレンジリキュール)を熱する。部屋中にカラメルの香りが・・・
 

アルコールをとばす
 

グラン・マニエ。お子さまにはオレンジシロップで提供
 

熱したグラン・マニエをオレンジの皮にたらしカラメルソースへ



 

芸術的・・・。 手品のショーを観に来たみたいだ
 

ファンタスティック・・・!
 

たっぷりオレンジジュースで香りづけ
 

手焼きのクレープ生地を・・・
 

ソースへひたす
 

オレンジの皮をカットし
 

ソースへ。「これが香りを出すコツ」と櫻田さん
 

写真左上に見えるアメ状になったカラメルはどこかノスタルジックな風情
 

完成。おお・・・
 

手作りのアイスクリームはカラメルの熱でじょじょに溶けるのだ
 

コクのあるバターの風味豊かな甘いカラメルソースはオレンジの酸味でさわやかになり、そのソースがしみたクレープは思わず目をつぶって静止してしまうほど。開業当初から手づくりをしている濃厚で香り豊かなバニラアイスとも一緒にいただくと、甘味・酸味・香ばしさのハーモニーがこの上ない味わいだった。

このイベントではソムリエによる「シャンパンサーベラージュ」というサーベル(刀剣)でシャンパンの飲み口を勢いよくカットする演出も見られるという。

家族で一緒に美味しい料理をゆっくりいただきながら伝統を知り、共通の体験をしてみてはいかがだろうか。
 


眼下には山下公園と氷川丸


ホテルニューグランド
http://www.hotel-newgrand.co.jp/menu/normandie-table-etiquette/
電話/045-681-1841
 

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ