ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.com無料掲載について
test

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    以前にも取り上げられた戸塚区の環状3号線沿いにあった「ブリヂストン工場跡地」に動きがあり、「ダイワハウス」の看板が建てられてます。今までホームセンターやマンションになる噂があった場所についに動きがあっ...

    ねこみくさん

    10月21日に神奈川区にある横浜北線の馬場の全出入口が開通されます。長かった工事期間を経て全開通する瞬間をはまれぽで是非レポートしてください!

    ねこみくさん

    コロナ禍でも頑張っている個人飲食店などをリサーチして欲しいです、特に横浜らしく洋食店や家系ラーメン店などをよろしくお願いいたします

    いっさ0402さん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
関内ラーメン横丁全店制覇!4店舗の魅力をご紹介!
2位
国内初!「漁港の駅 TOTOCO小田原」が小田原新港にオープン!お刺身食べ放題をレポート!
3位
【1日限定4食】都筑区東山田「湯島寿司」のカマトロ丼を食べてきた!
4位
横浜駅みなみ西口ジョイナス前に現れる怪しいキッチンカ―に突撃取材!
5位
【デカ盛り】横須賀で戦艦「三笠」を模した超弩級海軍カレーを(に)撃沈してきた!
6位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
7位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
8位
平日の昼間から飲みたい! 桜木町「ぴおシティ」で安くて美味しいお店を調査
9位
創業95年「尾島商店」が野毛にカフェをオープン! 老舗精肉店が作る肉料理のお味は?
10位
「かわさき名産品」にも選ばれた川崎名物「追分まんじゅう」、大ヒットに結びついた秘話とは?
11位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
12位
【デカ盛り】横浜駅の家系ラーメン店「山崎家」の4.5kgのチャレンジラーメンに挑戦!【大食い】
13位
横浜市内にあるアンテナショップを知りたい!
14位
横浜駅東口にある珍獣屋の姉妹店「獣」に突撃! どんなゲテモノ料理がでてくる?
15位
金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
16位
本当は教えたくない! 地元の人々に愛される横浜中華街の路地裏グルメをご紹介!
17位
「家系“直系風”の味を追求」する2店舗を徹底調査
18位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
19位
SHELLYさんの実家、元町の「Benny’s Place」に突撃!「嫁にするなら通帳持ってこい」の真相が明らかに!
20位
北鎌倉の「14年待ち」の天使のパンは本当に届くのか?
21位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
22位
キング・オブ・家系に輝いたあの店を調査!~横浜の家系ラーメン全店制覇への道 其の五
23位
ライター松宮が体を張って検証!野毛の三大にんにく料理をはしごすると、臭いはいつ消える!?
24位
【食レポ】大船に昆虫食を売る自動販売機が! 聖なる日に身体を張って食べました!
25位
横浜中華街に「おひとりさま」で楽しめる食べ放題の店はある?
26位
横浜市内でもっとも古くからある「ラーメン店」はどこ?
27位
家系一大勢力“壱系”の全貌が明かされる!? ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道 其の四
28位
【横浜の家系ラーメン全店制覇への道~家系図を作ろう~】其の弐
29位
すごいオーラを放つ老舗店「大倉山もつ肉店」に突撃取材!
30位
野毛の珍獣屋にある「ゴキブリの唐揚げ」は食べても大丈夫?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!

2016/07/05

「扇島海水浴場写真集」完全版

鶴見臨港鉄道所蔵の写真絵葉書、全21枚をご紹介


パンフレットの表紙もとても楽しそう


こちらは当時の路線図


扇島付近を拡大してみると渡し船の白点線の先に海水浴前(竹之下)駅が見える


和装洋装の女性たちが手を振る「渡船場」


こちらも「渡船場」。この渡し船を動力船いわゆるポンポン船が曳航した


そして海を渡った扇島海水浴場の「正門」


こちらも「正門」。三角旗がはためく堂々たる正門である


そして正門を抜けると「賑の濱(にぎわいのはま)」


こちらは無題の写真。パラソルを立ててくつろぐ人たちが写る


「テント村」は鮮やかな青と白のストライプに彩られていたのだろうか


この「記念のスナップ」は干潮時の様子か


「空から見た扇島」は「砂州につくられた」と聞いて想像していたよりもはるかに広い


広々とした「休憩所から見たる濱邊(浜辺)」


扇島には「運動場」もあった。全開でブランコを漕ぐ少年と浮輪を抱え順番を待つ子ら


扇型の浜辺を「曲汀(汀は渚と同意)」とした「「曲汀の漣(きょくていのさざなみ)」


背景に工場らしき建物が写る「海から見た扇島(其一)」は


「海から見た扇島(其二)」もあって2枚組である


つなげると扇島大パノラマが完成


投資の絵葉書セットも借りることができた


開けるとこんな感じで絵葉書が収められている


ちなみに葉書の裏はこんな感じでフォントも味があっていい感じなのだった

―終わり―

「現在完全立入禁止の扇島にかつて海水浴場があった」

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ