ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.com無料掲載について
test

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校長室に飾られているとか。また、児童に囲まれて絵を描いている時の写真もあるそうです。残念ながら一般には...

    ねこぼくさん

    昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人もあまりなく、ネット検索してもなにも出ません。しかしご存じの方もあり、私だけの記憶違いではないようで...

    toshi1949さん

    昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人もあまりなく、ネット検索してもなにも出ません。しかしご存じの方もあり、私だけの記憶違いではないようで...

    toshi1949さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

リニューアルしたトップページの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
ハマ弁に登場した「青星寮カレー」、生徒の反応は? DeNAパワーで喫食率上昇!?
2位
雨のように落ちた焼夷弾。戦争の悲惨さを横浜大空襲体験者が語る
3位
ハマ弁が1食6000円!? 「横浜らしい中学昼食」の行方とは
4位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
5位
移転再開した県立川崎図書館の蔵書があまりにマニアック! その理由とは?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
9位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
10位
新校舎は借地!? 移転した子安小跡地は何になる?
11位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
12位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
15位
2022年、関内駅近くに関東学院大学が新キャンパスを開校。その詳細は?
16位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
17位
わずか23年で廃校になった栄区の「県立豊田高校」。その理由は?
18位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
19位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
20位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
21位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
22位
神奈川県立歴史博物館がリニューアル! 若手学芸員が活躍した特別展の魅力とは?
23位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
24位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
25位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
26位
横浜初の女子校! 横浜出身の大女優「原節子」を輩出した「横浜高等女学校」について教えて?
27位
振り袖業者「はれのひ」被害者家族に届いたアルバム
28位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
29位
横浜三塔のひとつ「クイーンの塔」こと、横浜税関の展示室ってどんなところ?
30位
横浜市鶴見の「サイエンスフロンティア高校」ってどんな高校?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!

ライター紹介

  • 菅野りえ

    生年月日1977年05月20日 埼玉県出身

    座右の銘:やらずに後悔よりやって後悔
    旅好きなフリーライターです。無農薬野菜を心から愛し、体が喜ぶ食材、安心して食べられる食材を探し求めています。断捨離ブーム未だ去らず、どこまで減らせるかのミニマリスト街道まっしぐら。最終目標はスーツケース1つ!

    https://twitter.com/noi11313

    このライターが書いた記事を見る

  • 吉川 ゆこ

    生年月日1973年08月03日 広島県出身

    座右の銘:夜があるから朝が眩しい
    紹介文:出版社・編集プロダクションで経験を積み、2009年4月フリーライターに転向。ライター業の傍らマスコミ系専門学校で非常勤講師を務める。今、一番夢中になっていることは言葉、ことば、コトバ

    このライターが書いた記事を見る

  • 紀あさ

    生年月日(秘密) 秘密出身

    座右の銘:出会いに感謝

    写真を撮ったり、手回しオルガンの大道芸をしたりしています。
    港町に流れる時間を感じながら、横浜の真ん中に暮らしています。
    ひとりひとりとの出会いを大切にしながら、この町をつづりたいです。

    http://temawashi.org

    このライターが書いた記事を見る

  • 桐生 由美子

    生年月日(秘密) 神奈川県藤沢市出身

    座右の銘:なんとかなる!
    愛すべきわが娘とインコのふうちゃん、そしてファン歴23年のユニコーンのためならどんなことでもがんばれる母ちゃんライター。〆切に追われ寝不足続きでお肌は曲がりきり、しかも更年期の兆しも見え隠れ…。それでも「なんとかなる!」と思えばなんとかなってしまうからアラフシギ。
    横浜市民歴18年。母ちゃん歴15年。得意分野は住宅系・子育て系・婦人科系。よろしくおねがいします!

    このライターが書いた記事を見る

  • クドー・シュンサク

    生年月日1978年01月24日 大阪市大東市出身

    座右の銘:青春は美わし
    音楽家・文章家・MMAフリー愛好家・全日本看板娘連盟理事・トークライブ『素敵小箱』主宰。
    ボブ・ディランを甘酸っぱく、アイドルを味わい深く愛する威風柔の表現人。
    Perfumeのシングル曲『チョコレイト・ディスコ』、映画『涙そうそう』のセールスコピーを書いたのがきっかけでライター業を始める。
    音楽活動はフォークとロックを特化したライブと楽曲製作。トークライブ『素敵小箱』は安斎雄毅氏と共に素敵に不定期開催。
    ユーモア、苦み、愛。日々も美わし。

    このライターが書いた記事を見る

  • 久保田 雄城

    生年月日1959年08月27日 東京都出身

    座右の銘:何ごとにもとらわれず、自由な精神で生きる

    自己PR:音楽とアートをこよなく愛す。出版社勤務を経て、現在、編集者、ライター、散文家、のフリーランスとして活動。ヨーロッパ車を中心に20台以上を乗り継ぐ無類のクルマ好き。今は、1992年製のユーノス・ロードスターに乗る。現在は東京在住だが、1984年から2008年までの24年間、横浜に暮らす。横浜の次に好きな街は、なんといっても南フランスの古都、Aix-en- Provence !

    http://www.facebook.com/yuki.kubota.501

    このライターが書いた記事を見る

  • 黒澤 陽二郎

    生年月日1991年09月06日 横浜市出身

    座右の銘:一発ヤルまで死ねるか

    初体験がしたいです。

    このライターが書いた記事を見る

  • 桑原 恵美子

    生年月日1960年06月09日 秋田県出身

    座右の銘:漂えど沈まず
    派遣社員を経て、34歳で一念発起して編プロに入り、10年間PR誌を編集した後、44歳でフリーライターに。男性ライフスタイル誌→新聞社系ニュースサイト→現在は主にグルメサイトからお仕事をいただいています。
    結婚を機に綱島に移り住んで25年、綱島でキニナルことが山ほどあるのに書かせてくれるところがなく、はまれぽを見つけた時は「これだ!」と思いました。綱島のキニナルことがありましたら、私におまかせください!

    https://ameblo.jp/amaguri0111/

    このライターが書いた記事を見る

  • 小岩美穂

    生年月日1992年03月08日 横浜市出身

    座右の銘:為せば成る
    テレビ局、出版社での勤務を経て令和からフリーとしての活動を始めました。主にファッション業界に身を置いています。人生100年時代、どうせ一生働くなら、とにかく自分の好きなことを詰め合わせたような「働き方」に改革中。将来はどこかの海辺にアトリエを開いて、水平線から朝日が昇る瞬間を眺めながら暮らせたらたら最高です・・・!

    このライターが書いた記事を見る

  • 河野 哲弥

    生年月日1967年04月14日 東京都杉並区出身

    座右の銘:勝ちに不思議な勝ちあり。負けに不思議な負けなし。
    二宮金次郎像、通称「ニノキン」をどこまでも追いかけ、そのフェチぶりが新聞に紹介されてしまった郷土史研究家。その実態は、全国のやきそばを食べ歩き、生駒軒の発祥を紐解き、シヤチハタ不可の謎に挑む雑文ライター。
    得意分野は「ストーリーテリング」、弱点は「つみれ」と「れんげ」の区別がつかない事。
    二宮金次郎関連の寄稿や、士業サイトのコンテンツなどを手掛ける。

    http://www.geocities.jp/journey4web/

    このライターが書いた記事を見る

  • 最初へ

    前へ

    1

    2

    3

    4

    5

    6

    7

    次へ

    最後へ